妊娠中のセックスが禁止されている時期はありますか? これが説明です

妊娠を維持する上で、あなたが従わなければならない様々なタブーがあります、その1つは愛を作ることについてです。 伝えられるところでは、危険のリスクを避けるために妊娠中にセックスをすることが禁じられている時があります。

実際、妊娠中の女性はまだパートナーとセックスをすることができます。 母親が早産や胎盤の問題などの合併症を経験しない限り、性的活動は子宮内の胎児に影響を与えません。

胎児は子宮内の羊水と強い子宮筋によっても保護されているので、あまり心配する必要はありません。 ただし、安全上の理由からセックスを避けるのが最善の場合と条件があります。

妊娠中のセックスが禁止されている時期はありますか?

妊娠中のセックスが禁止されている時間については、妊娠が順調である限り、実際には特別な規則はありません。

ただし、妊娠初期にセックスをすることは、リスクの高い妊娠での流産のリスクを高めると考えられています。

さらに、妊娠の最後の数週間はセックスをしないことを勧める医師もいます。 その理由は、あなたが陣痛の期日を過ぎてそれを誘発したいのでない限り、精子中のホルモンプロスタグランジンが収縮を刺激することが恐れられているからです。

しかし、他の専門家の中には、上記の議論を理論としてのみ考えており、セックスをしても陣痛を引き起こさない人もいます。 混乱しないように、妊娠中のセックスの安全性について医師に相談する必要があります。

騎乗位は妊娠中の快適なセックス体位になることができます

問題がなければ、騎乗位を試すか、セックス中にパートナーと一緒に横になって、お腹に圧力がかからないようにすることができます。

一方、妊娠後期は、特に健康な妊娠をしている場合、妊娠中にセックスをするのに適切な時期であると言われています。

なぜなら、この期間中、妊娠初期の症状が減少し、妊婦の性欲が高まったからです。 しかし、一部の妊婦は実際に性欲の低下を経験する可能性があります。

妊娠中に恋をしたいと思う妊婦も少なくありません。 この不安は普通に起こることです。 ただし、これらの感情は、パートナーとの関係にも影響を与える可能性があります。

ある研究によると、妊娠中の性的活動は、多くの場合胎児の健康に対する恐怖の高まりが原因で減少するため、医療関係者は教育を受ける必要があります。

セックスを勧められていない妊婦の状態

一般的に安全ですが、次のいずれかの危険因子がある場合、医師は妊娠中の女性にセックスを避けるようにアドバイスすることがあります。

流産のリスクがある原因不明の膣からの出血を経験している羊膜嚢が体液を漏らしている、または膜が破裂している子宮頸部または子宮頸部が時期尚早に開き始める(子宮頸部の機能不全)胎盤の一部または全部が産道を覆っている(前置胎盤)早期陣痛。

妊娠はまた、妊娠中の女性の快適さと性的欲求に影響を与える可能性があるため、セックスへの興味が薄れる可能性があります。 しかし、それは一般的なことです。

ハグ、キス、マッサージなど、パートナーとの親密さには他にもさまざまな形があります。 あなたはお互いを理解するためにあなたのパートナーにそれを伝える必要があります。

妊娠中のセックスの危険な兆候
妊娠中の性交後の出血には注意が必要です

妊娠ホルモンは、通常よりも膣を乾燥させ、血管をより簡単に破裂させる可能性があります。

この状態は、妊娠中にセックスをすることがあり、膣の炎症を引き起こし、スポッティングや軽い出血を引き起こす可能性があります。

妊娠中または妊娠中のセックス後の危険な兆候は次のとおりです。

激しい痛み1〜2日以上の出血羊水排出重大な不快感収縮の出現。

これらの兆候が現れた場合は、妊娠に問題があることが懸念されるため、すぐに産科医に連絡してください。

妊娠中のセックスが禁止されている時期についてさらに話し合うには、SehatQの家族の健康申請について医師に無料で尋ねることを躊躇しないでください。 今すぐAppStoreまたはGooglePlayからダウンロードしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.