Hello Doctor

妊娠中の生理的変化により、母親は手足のうずきやしびれなど、さまざまな不満を感じることがよくあります。 この状態はしばしば不快であり、活動を制限します。 それで、妊娠中の頻繁なうずきの原因とそれを克服する方法は何ですか? 以下のレビュー全文をご覧ください。 妊娠中の頻繁なうずきの原因 チクチクする感じとしびれ(しびれ)は、妊娠中の女性がよく経験します。 これらの症状は通常、手、指、足、背中、臀部を攻撃します。 妊娠中にチクチクするのはなぜですか? 一般的に、妊娠中のうずきやしびれの原因は、次の3つの原因で発生する可能性があります。 1.妊婦の体の変化 妊娠中は、胎児が成長するにつれて体が変化します。 子宮が成長すると、脚や他の手足の筋肉、靭帯、神経に圧力がかかります。 胎児のサイズが大きくなると、母親の体重も大きくなり、背中や姿勢が硬くなります。 また、妊娠中に脚や背中に痛みや痛みを引き起こす可能性があります。 2.ホルモンリラキシンの生産の増加 さらに、妊娠中、体はより多くのリラキシンホルモンも生成します。 これにより、妊娠中および出産の準備中に靭帯が伸びることができます。 リラキシンホルモンによる靭帯の伸展は、しばしば体の姿勢を変化させ、神経をつまむことを可能にします。 この挟まれた神経は、妊娠中に太もも、脚、背中、臀部にうずきを引き起こす可能性があります。 また読む: […]

ウナギはインドネシアで見られる魚の一種で、さまざまな料理の主成分です。 うなぎは美味しくて美味しいだけでなく、妊婦さんも含めて健康に良い栄養素が含まれています。 妊娠中の女性にとってウナギの利点は何ですか? それでは、安全に処理するにはどうすればよいですか? 以下のレビュー全文をご覧ください。 妊娠中の女性はウナギを食べることができますか? 妊娠中の女性はウナギを食べることができますか? 妊娠中の女性のためにウナギを食べることは禁じられているとさまざまな神話が述べています。 実際、妊娠中の女性は、完全に調理されている限り、ウナギを食べることができます。 ウナギの血液は、生の状態で消費された場合、実際に体に有毒です。 しかし、適切に処理されたウナギは、妊娠中の女性でも安全に摂取できます。 さらに、ウナギまたは淡水ウナギとアナゴまたは塩水ウナギの両方のウナギの水銀含有量は比較的低いです。 日本の食品衛生評議会からの報告によると、2001年のウナギの水銀レベルは低く、アナゴでは0.0048 PPM(parts per million)、ウナギでは0.052でした。 このように、ウナギは妊婦が安全に摂取できる低水銀魚に分類されます。 それは非常に安全ですが、妊娠中の女性がウナギを消費する前に注意を払う必要があるいくつかの事柄があります: 調理する前にウナギが洗われていることを確認してくださいウナギの有毒な血を避けてください。消費する前にウナギが完全に調理されていることを確認してください。無理しないでください。妊娠中の女性は週に最大2サービングのウナギを消費することをお勧めします。 また読む: […]

料理のスパイスとしてだけでなく、ケンカーやケンフェリアガランガは長い間漢方薬に使用されてきました。 ケンカーには、妊婦を含む体に栄養を与える天然化合物が含まれています。 実は、妊婦さんはハーブライスケンカーを飲めますか? 妊娠中の女性にとってのケンカーライスの利点は何ですか? 次のレビューをチェックしてください。 妊娠中の女性はハーブライスケンカーを飲むことができますか? 一般的に、妊娠中の女性は医師の勧めなしに薬草やサプリメントを服用することを禁じられています。 これは、母親と胎児の安全性に関係しています。 American Pregnancy Associationは、それらは自然なものですが、すべてのハーブ製品が妊娠中の摂取に安全であるとは限らないと述べています。 ハーブ製品の成分が妊娠に悪影響を与える可能性があります。 そのため、ナシケンカーは伝統的な薬として信頼されており、多くの健康上の利点がありますが、妊娠中にハーブライスケンカーを飲む前に医師に相談する必要があります。 また読む: 妊娠中の女性のために禁止されているハーブ、女性は知っておくべき 妊婦にとってのケンカーライスの潜在的な利点 ライスケンカーは、ケンカー、ライス、その他のスパイスを混ぜ合わせた伝統的な飲み物で、妊娠中の女性を対象とした体の健康に効果があると考えられています。 ハーブライスケンカーの主成分として、あなたがあなたの医者と話し合うことができる妊婦のためのケンカーの潜在的な利点のいくつかは以下を含みます: 1.胎児の成長と発達を助ける 妊娠中の女性にとってのケンカーライスの潜在的な利点の1つは、胎児の成長と発達を助けることです。 […]

一般的に、50歳になると女性の出生力が低下し、一部の女性でさえ閉経に近づいています。 あなたは疑問に思うかもしれません、50歳は妊娠できますか? 50歳以上で妊娠することの利点やリスクはありますか? 答えを見つけるには、次のレビューを参照してください。 50歳で妊娠できますか? まれではありますが、女性はまだ50歳以上で妊娠する可能性があります。 それでも、専門家は妊娠するのに理想的な年齢は20代から30代前半の間であると推奨しています。 妊娠する可能性は年齢とともに減少します。 閉経期の40代後半または50代でも、自然に妊娠する可能性があります。 老年期または45歳以上の妊娠は、確かにもっと注意が必要です。 あなたは様々な準備を必要とするかもしれません、そして母親と胎児への健康上のリスクを避けるためにもっと多くのテストを受けるでしょう。 50歳以上で妊娠することの利点 あなたが年をとるにつれて、あなたとあなたのパートナーは親になる準備ができているかもしれません。 高齢者はまた、より安定した感情を持っていると考えられており、子供の世話をより良くすることができます。 このため、50歳以上で妊娠することには、次のようなさまざまな利点もあります。 1.子供は賢くなる傾向があります 親としての準備ができていると、子供たちが知性を高めることができるように、子供たちに良い準備をすることができます。 調査によると、年長の父親の子供は知能指数が高く、自分の興味に集中している傾向があります。 さらに、年長の父親の子供たちも、友人や同僚とどのように仲良くなるかについてあまり心配していません。 これは、将来の学術的成功をサポートすることができます。 […]

妊娠中の女性の心臓病は、母親の安全と長期的な心血管の健康に対する大きな脅威となる可能性があります。 実際、米国での妊娠関連の死亡の26.5%は心血管疾患が原因であり、現在、妊娠中の女性だけでなく、産後または産後の期間における主要な死因となっています。 したがって、妊娠前、妊娠中、妊娠後の心臓の状態をチェックして、発生した障害をできるだけ早く発見し、適切な治療を受けることが非常に重要です。 早期発見はまた、妊婦の心臓病による合併症の発生を減らすでしょう。 妊娠が心臓の健康に与える影響 妊娠は母親の心臓に影響を与える可能性があります 妊娠中は、母親の心臓病のリスクが高まります。 その理由は、妊娠中に心臓や循環器系への圧力を高める可能性のある体の変化があります。 成長中の胎児を養うために、血液量が約40%増加します。 心拍出量は、心臓が毎分送り出す血液の量であり、30〜50%増加する可能性があります。 心拍数は1分あたり10〜20ビート増加する可能性があります 出産の過程はまた、妊婦の心臓の負担を増加させます。 分娩中、特に押し出し中の収縮と押し出しは、血流、血圧、心拍数、心拍出量に突然大きな変化を引き起こす可能性があります。 出産後、心臓への圧力が妊娠前のレベルに戻るまでには数週間かかります。 妊娠中に心臓血管系に起こる劇的な変化に耐える心臓の能力は、母親の心臓の状態がどれほど良いか悪いかに依存します。 無視すると、妊娠中の女性の心臓病は、妊娠中または長期にわたってさまざまな合併症を引き起こす可能性があります。 最悪の場合、妊娠中の女性の心臓病は死を引き起こす可能性があります。 また読む:妊娠中にドキドキする心臓を持つのは正常ですか? 妊娠に対する心臓病の影響 心臓病は妊娠のリスクを高める可能性があります […]

妊娠中のさまざまなホルモンの変化や習慣は、妊娠中の女性のむし歯のリスクを高める可能性があります。 歯と口腔の健康上の問題も妊娠中の合併症のリスクを高める可能性があるため、この状態を過小評価してはなりません。 妊娠中の女性のむし歯の原因妊娠中の女性のむし歯はつわりによって引き起こされる可能性があります 妊娠中のさまざまな行動の変化は、次のような妊娠中の女性のむし歯のリスクを高める可能性があります。 いつもより甘い、酸っぱい、または炭水化物の食べ物を食べる。 つわりによる嘔吐は、歯の酸への曝露を増加させる可能性があります。 これはエナメル質を侵食し、虫歯のリスクを高める可能性があります。 歯を磨いたりデンタルフロスをしたりする頻度を減らすと、吐き気、敏感な歯や歯茎、またはより頻繁に、またはより簡単に疲れる状態を引き起こす可能性があります。 上記の変化は、妊婦の口内の細菌を増加させ、妊婦の歯痛を引き起こす可能性があります。 既存の歯の問題がすぐに治療されない場合、それは出生後の胎児と子供に混乱を引き起こします。 妊娠中の女性のむし歯の危険性 妊娠中の女性の虫歯は出産の合併症を引き起こす可能性があります ここに注意する必要がある妊婦の虫歯の危険性のいくつかがあります: 1.後で子供が歯の問題を抱えるリスクを高める 妊娠中や出産後に虫歯の原因となる細菌がたくさんある母親は、口コミで赤ちゃんに細菌を渡すことができます。 これにより、子供は幼い頃から歯の問題を抱える可能性が高くなります。 2.胎児の病気のリスクを高めます 歯周炎などの歯肉疾患を伴う妊婦の虫歯も、胎児障害のリスクを高める可能性があります。 妊娠中の女性の約60〜75%が歯肉炎または歯肉炎に苦しんでいます。これは、炎症による歯茎の赤みや腫れを特徴とする歯周病の初期段階です。 歯肉炎はまた、妊娠中の女性が歯を磨いたりデンタルフロスを使用したりするときに歯茎の出血を経験する可能性があります。 […]

妊娠中は、すべての女性が食事を維持する必要があります。 したがって、妊娠中に消費される食物は胎児の健康に影響を与える可能性があります。 妊娠中に食べることができる健康的な炭水化物の1つの源はジャガイモです。 過小評価されるべきではない妊婦と胎児のためのジャガイモの多くの利点があります。 なんでも? 妊娠中の女性のためのジャガイモの7つの利点 体の酸性度を下げることから体にエネルギーを与えることまで、ここに健康に良い妊婦のためのジャガイモの利点があります。 1.高栄養 ジャガイモの栄養価を過小評価してはいけません。 マッシュポテトに加工されることが多いこの炭水化物源には、健康に良いさまざまなビタミンやミネラルが含まれています。 中型のベイクドポテト(173グラム)と皮には、次の栄養素が含まれています。 カロリー:161脂肪:0.2グラムタンパク質:4.3グラム炭水化物:36.6グラム繊維:3.8グラムビタミンC:毎日のRDAの28パーセントビタミンB6:毎日のRDAの27パーセントカリウム:毎日のRDAの26パーセントマンガン:19パーセント毎日のRDAマグネシウム:RDAリンの12パーセント:RDAビタミンB3の12パーセント:RDA葉酸の12パーセント:毎日RDAの12パーセント。 2.体内の酸性度を和らげます ジャガイモは、消化器系の問題や体の酸性度が高い人にとって有益であると考えられています。 一方または両方に苦しむ妊婦にとって、ジャガイモを食べることは強力な解決策であると信じられています。 マッシュポテトに加工されたジャガイモの一部は、胃酸を和らげると考えられています。 さらに、ジャガイモは消化器系が食べて消化するのが非常に簡単です。 3.体の免疫システムを改善します 妊娠中の女性は、妊娠中の病気を避けるために免疫を維持する必要があります。 体の免疫力を高める1つの方法は、ジャガイモなどのビタミンCとBを含む食品を食べることです。 […]

妊娠中に経口避妊薬を服用することは、特に計画外の妊娠をしている女性の場合に発生する可能性があり、母親は自分が妊娠していることに気づきません。 多くの母親は、特に経口避妊薬が妊娠を防ぐために通常使用されている場合に、それが及ぼす可能性のある影響について心配しています。 では、妊娠中に経口避妊薬を服用するリスクは何ですか?また、すでに服用している場合はどうすればよいですか? この記事の説明を見てみましょう。 妊娠中に経口避妊薬を服用した場合はどうすればよいですか? 妊娠中に経口避妊薬を服用した場合は、すぐに医師に連絡してください 経口避妊薬を服用した後、妊娠している疑いがある場合は、すぐに妊娠検査を購入して、これらの疑いを確認する必要があります。 結果が陽性の場合は、経口避妊薬の服用を中止し、すぐに産婦人科医に相談してください。 独立した妊娠検査が不可能な場合は、妊娠が確認されるまで、経口避妊薬の使用を直ちに中止する必要があります。 妊娠状態の確認を待っている間、コンドームなどのセックスの代わりに他の避妊薬を使用することができます。 妊娠中に経口避妊薬を服用するリスク 妊娠中に経口避妊薬を服用すると、胎児に影響を与える可能性があります これまで、妊娠中に経口避妊薬を服用するリスクに関する研究はまだ非常に限られています。 これは、関心や関心の欠如によるものではなく、医療倫理が乳児や妊婦に害を及ぼす可能性のある研究を行うことを許可していないためです。 ただし、妊娠中に経口避妊薬を服用することには、考慮しなければならないリスクがいくつかあります。 1.子宮外妊娠の可能性を高めます 子宮外妊娠または子宮外妊娠は、妊娠中に経口避妊薬を服用するリスクの1つであり、注意が必要です。 これは、ホルモンのプロゲスチンのみを含む経口避妊薬を服用している場合に特に当てはまります。 このタイプの経口避妊薬は、妊娠中の女性が誤って服用した場合、子宮外妊娠のリスクがわずかに高くなる可能性があります。 2.内分泌系の発達障害を引き起こします […]

妊娠中の咳は非常に迷惑になることがあります。 ホルモンの変化が原因でよく見られますが、妊娠中の女性が経験する咳は、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染によっても引き起こされる可能性があります。 それで、妊娠中の咳は危険ですか、そしてそれをどのように扱うのですか? 答えを見つけるために次のレビューをチェックしてください。 妊娠中の咳は胎児に影響を及ぼしますか? それが繰り返しまたは頻繁に発生する場合、妊娠中の女性の咳は時々腹筋の痛みを引き起こします。 これは通常、妊娠中の女性が胃の部分で不快に感じるようになります。 一方、妊娠中の咳が胎児に及ぼす影響は、実際には原因によって異なります。 一般的に、激しい咳は子宮収縮や胎盤障害を引き起こしません。 ただし、喘息、気管支炎、肺炎、または重度のインフルエンザなどの咳の原因によっては、妊娠や胎児に害を及ぼす可能性があります。 さらに、妊娠中の女性が妊娠初期に高熱を経験した場合。 この状態は、発育中の赤ちゃんにとって危険な場合があります。 先天性欠損症研究から引用されたように、妊娠初期に発生する発熱は先天性欠損症のリスクを高める可能性があります。 これは、より重度の感染の兆候である可能性があります。 このため、妊娠中の女性が咳が続く場合やその他の呼吸器症状を経験している場合は、医師に相談する必要があります。 妊娠中の咳の対処法 薬物の影響を非常に受けやすい妊娠状態を考えると、咳をしている妊婦は医師の勧めなしに薬物を使用すべきではありません。 特に、赤ちゃんの重要な臓器の発達の重要な時期、つまり妊娠の最初の12週間です。 別の方法として、妊娠中の咳に対処するために次の方法のいくつかを試すことができます。 1.もっと暖かい水を飲む […]

一般的に、膣分泌物は女性が経験する正常な状態であり、自然に膣をきれいにするのに役立ちます。 ただし、一部の種類の膣分泌物には注意が必要な場合があり、医師の診察を受ける必要があります。 それらの1つは妊娠中の緑色の膣分泌物です。 妊婦の緑の排出の原因 妊娠中の女性の緑の放電は感染によって引き起こされます 一般的に妊婦の膣分泌物は心配する必要はありません。 ただし、出てくる放電に緑色やにおいなどの不健康な特性があり、その他の不快な症状を伴う場合は、より警戒する必要があります。 妊娠中または妊娠していないときの緑色の放電は注意が必要なものであり、性感染症(STD)を示している可能性があります。 性感染症は妊娠中に合併症を引き起こし、母親と胎児の両方の健康に影響を与える可能性があります。 妊娠中の女性の性感染症の合併症は、出産後数年まで現れない場合があります。 しかし、この状態は神経系と子供の発達に影響を及ぼし、女性に不妊症を引き起こす可能性があります。 緑の膣分泌物を引き起こす可能性のある性感染症のいくつかのタイプは次のとおりです。 1.クラミジア感染症 クラミジアは、クラミジア・トラコマチス菌によって引き起こされる感染症です。 感染した場合、ほとんどの人に症状はありません。 しかし、一部の人々では、以下の状態がクラミジアの兆候として現れる可能性があります。 妊娠中の緑色の分泌物を含む異常な膣分泌物強い膣の臭い灼熱感またはかゆみ感排尿時の不快感性交後の出血 治療せずに放置すると、妊娠中のクラミジア感染症は、早産、低出生体重児、新生児の結膜炎(ophthalmia neonatorum)から肺炎または肺炎を引き起こすリスクがあります。 2.淋病感染症 […]